チャットレディをする工夫や体験談

チャットレディをする時に工夫したことは一つのみのサイトに専念するのではなく、複数のサイトに登録するようにすることです。

サイトによって少しずつ客層やお客さんの多さが違うケースも多いですし、ログインする時間をサイトごとに変えたり、メインのサイトだけでなくいくつかのサイトに登録して稼げる体勢を整えておけばより安心です。

チャットレディする時、絶対気をつけていることは身バレを防ぐための努力や対策についてです。

個人情報の流出や特定に繋がってしまうような私物がカメラに映らないように気を配ったり、いつもの自分とは少し違った雰囲気を作りこむようにしてます。

普段は黒髪ですが、チャットレディする時は少し華やかな方が男性からの人気や支持も狙いやすいので、ネット通販で買った派手な茶髪のロングヘアのウイッグを付けたり、普段のメイクではあまり使わない付け睫毛を活用してメイクをしてます。
待機中もタバコを吸ったりだらしなく食事したりアクビをすることなどは避けて、カメラに向かって口角を挙げるようにしたり、たまに手を降ってみたり、にこやかな対応をするように気を抜かないように工夫してます。

また、自己紹介文章や客との会話の中では、あまり詳細な個人情報を出さないようにしたり、実年齢よりも少し3歳程度若い年齢を言ったり、実際住んでいる場所とは少し違う市町村に住んでいることにしたり、個人情報にフェイクを入れておくようにしたりと、身バレ対策にはかなり気をつけています。

主婦ですが、夜に子供を寝かせつけた後の深夜帯など、2,3時間程度働くだけでも結構効率良くたくさん稼げます。

パソコンが大苦手ですが、最低限ネットにつなげて簡単なタイピングやカメラの初期設定さえ出来れば後は問題ないので、機械音痴な自分でもトラブル無く稼げています。

たった1時間など極めて短時間のみの勤務でも大丈夫なので、育児や介護がある女性や多忙な主婦にもおすすめです。

子育てサロンとおさがりの山。

最近、ちょっと良い子育てサロンを見つけました!家からはちょっと遠いんだけど。

カフェと併設になっていて、ボランティアさんも結構いるので、ちょっと合間にコーヒー飲んで休憩することができたり。
絵本はもちろん、親向けの本も結構置いてあって、借りることができたり。

そしてなにより助かるのが、子どもの洋服のお下がりの交換ができる!!
家で着られなくなった服を持っていったり、そこにある服を自由に持って帰ったりすることができたり。

子どもの服ってすぐにサイズアウトするし、意外と高くて、あまり買えないのよね〜。
お下がりなら、ちょっとくらい汚れても気兼ねなく着せることができるし。
サイズアウトした服は持っていって次の人に使ってもらえればありがたいし。なにより家の中の整理にもなる。
いや〜、ホントいいとこ見つけたわ。すごいうれしい〜。

って、お下がりいっぱいもらってたら、気付けば子どもの服は半分以上お下がりだ・・・。

そこのサロンだけじゃなくて、親戚とか友達とかからも声掛けてもらえるから、来る物拒まずで受け入れていたらそんなことに・・・。
まぁ、おかげで非常に助かってはいるんだけど。

でもたまに、あまりにお下がりばかりで、ちょっとどうかしら、と思うことも出てきたわ。

幸い、まだこどもは服に対してはあまり自己主張しないし、たまたま本人の趣味にも合っているみたいだからいいけれど。
それに、きっと私が選ぶと、値段ばかり気になってあまり可愛いの買わないだろうしね。

もうしばらくはお下がりのお世話になろうっと。

専業主婦の化粧品事情。

仕事を辞め、子どもを産んでから、まともにスキンケアをしていませんでした。お金もないし。

昔、一時期アロマとかにはまったことがあって、手作り化粧水の作り方が載っている本もあったので、最小限の材料で作って使ってみたり。
ドラッグストアに安い化粧水あるけど、あまりに安い市販品だと顔がヒリヒリしてしまうのもあって。
まあ、化粧品なんてどれもたいして変わらないだろー、と思ってたし。

そんな折、ママ向けのイベントに子どもを連れて参加したら、某化粧品のブースがありました。
そのメーカーでは、無料体験で色々試せるってきいたので、ちょっと興味本位で行ってみました。

ちゃんとしたメーカーの化粧品って、色々入ってるんですねー。高いのには意味があるんですね。
試供品を使っただけでも、全然違うことにビックリ。

スキンケアを甘く見ていたなぁ、と反省しました。

また、そのメーカーでは、同時に『正しいスキンケア』についてもレクチャーしてくれて、自分がいかに自己流でやっていたか、それが肌に良くなかったか、ということも実感しました。

ただ、ちゃんとした化粧品はやっぱり高い。
別に独身じゃないし、男性に良く見せる必要もないし、そこまで高い物は必要ないかなぁ、とも思ったり・・・。

美容は、ある程度金額と比例するんですね。いつまで、どこまでお金を掛けるか。それはホント、個人の価値観の問題なんだなあ、とつくづく感じました。

とりあえず、そのメーカーで一番手頃な化粧水を買ってみたので(それでも結構な値段ですが)、しばらく使いながら考えてみようかな。

ワンコ、急性すい臓炎になる(−−;

うちのワンコがすい臓炎で入院に(>_<)

ちょこちょこと、ご飯を食べなかったり嘔吐が続き、緩い血まみれの便をしたり。。。
2度も倒れて痙攣を起こしたため病院へ。

検査の結果、すい臓炎の可能性があるとのこと。

この子は、1年半前に里子としてうちに来た子。
どんな生活を送ってきたのかはわからないけれど、捨てられてさまよっている所を保護されて、保護団体に保護され里親募集として出会った子。

汎網膜性萎縮症というよく分からないけれど、両目が見えていない子。

でも、一目惚れで何回も会いに行き、お家の子として迎えた。

目が見えなくなって捨てられちゃったの?
この子の声は聞こえないけれど、家に迎えて幸せをいっぱいもらい・与えて過ごして来た。

目が見えない上に苦しむなんて・・・
この子が幸せになってほしいと心から思う。

2泊3日の入院を終え、帰って来たけれど、ご飯は療養食のみとなった。

それから1ヶ月。
また嘔吐と下痢が再発〜
すい臓炎は原因も完治の方法もないらしく、とにかくうまく付き合っていくしかない。

病院に連れて行き、今回も入院・・・
血液検査の結果はよくなってきているけれど、通院して検査をするとのこと。

2回の入院で、出費が大変なことに(>_<)
こうなってしまった以上、この子の保険はすぐには入れないだろうけれど、もう1匹の子は準備しておかなくては!

と、ペット保険を比較検討してみる。

3割負担で病院にいける人間はありがたいね。
この子達の良い保険が見つかりますように。

でも、保険使わなくてもいいくらいに、この子達が元気で幸せでありますように。

ママが仕事復帰したわけ

私は2人の女の子のママです。育児と仕事に多忙な毎日ですが、そんな私が仕事復帰したわけを書きます。

一昨年の4月に待望の第一子が誕生し、約1年間の育児休暇をとりました。

仕事から離れ子どもとゆっくりとした時間を共有する毎日。仕事に終われる毎日も楽しかったけれど、可愛い我が子のお世話をしてすごす日々もとても幸せでした。何より子どもの成長は一瞬も見逃せないほど早いですから、仕事復帰しないでこのままでいたい、と何度も思いました。

ただ、育児休暇をとり、働けないことで、その間の家計のやりくりにはとても苦労しました。旦那の給料は勿論ありますが、最低限の生活をしていくのに必要な額があるだけど、娯楽や外食など豊かな生活を送るには足りません。何より子どもが生まれたことで、それまでかからなかった毎日のオムツ代、シーズン毎に買いかえる洋服代、自費で受けるととても高い予防接種代なども必要に。どんどん成長する我が子に将来の貯金もしてあげたい。いくらあってもお金は足りません。出産手当金や育児休暇給付金はいただけましたが、すぐに日々の生活に消えていき、将来の貯えにあてるにも不十分でした。

幸いなことに、私の勤める会社は、ワーキングママの復帰に力を入れている最中で、職場の人間関係にも恵まれたため、まだまだ会社ではマイノリティーでしたが復帰するには申し分無い環境でした。

娘が1歳になる直前に、娘は保育園にあずけ元の職場に復帰し営業として時短勤務をスタート。最初はとにかく仕事のスピードに追いつけず、まだヨチヨチで目が離せない娘と夕方に帰る頃にはクタクタでした。

それでも私が仕事復帰を決意したのは、愛する我が子のためにお金を稼ぎたかったからです。多忙な毎日ですがガツガツ働いています。

チャットレディのお仕事は自分には向いてなかったです…。

旦那の不倫発覚後、男の人の考えていることが知りたくて、また、少しでもお小遣いになればと思って、チャットレディを始めました。

チャットレディはプロフィール画像と自己紹介が稼げるか稼げないかの鍵だとネットで見掛けたため、かなり抵抗はありましたが、少しエッチな子を演出しました。登録会員の男性からメールが貰えると一通3円ほど(正確に覚えていないのですが)、電話がかかってくると1分40〜80円ほどの収入だったと思います。

最初はコツコツと営業メールをバラまいて、男性会員から返事が来るのを待ったのですが、男性側はメールを送るのも電話を掛けるのも有料ですから、なかなか返事は返ってきません。やっと返事をくれた人がいても、エッチなやりとりを渋っていると、すぐに切り捨てられてしまいます。

男の人ってこんなに常にエッチな事を考えているのかと、幻滅してしまいました。が、こちらも少しでも稼いでやる!という気持ちがあったため、精一杯頑張りました(笑)でもやはりメールで稼ぐのは限界がありますね。一人だけ電話をくれる男性ができたのですが、たった30分ほどその方と電話しただけで、2ヶ月ほどのメールでの稼ぎをあっという間に超えました(笑)メールなんか時間の無駄だから、今後は電話で稼ごう!と方向を切り替えましたが、そうそう電話をくれる男性もおらず、というか、電話を掛けてくる男性はほとんどテレビ電話でのエッチ目的だったため、応じることができず、自分は一体何をやっているんだろうと馬鹿馬鹿しくなり、2ヶ月の稼ぎの15000円を振込申請して退会してしまいました。

ノンアダルトなチャットレディサイトもあるみたいですが、私はもういいかなぁ

子供も一緒に行ける仕事

一歳9ヶ月の息子がおります。
パートですが、育児休暇が3年とれるため、まだ働きにでずに専業主婦をしております。

子供がいるとなかなか働きにいくのは難しいのですが、最近友達に誘われて、託児のアルバイトをはじめました。セミナーや講座などに参加する人の子供を預かるバイトです。

子供二人に対してひとり大人がつきます。時給は850円いただけ、前後30分の用意と片付けの時間も時給が発生します。なによりもいいのは、自分の子供も連れて行っていいところだと思います。子供たちは親から離れると、大概の子がないてしまうので、その子たちを抱っこしたりあやしたりしないといけないので、自分の子供はほったらかしになります。

私は息子がちょうど一歳のころに始めましたが、他の子を抱っこしていると入ったばっかりのころは、まだよく分かっていなかったようで全然きにもしていませんでしたが、最近はやきもちを焼き出して、私の足にしがみついたりすることもあり、少しかわいそうに感じることもあります。なので仕事がおわってからめいっぱい遊ぶようにしています。

給料が現金で日払いでその場でいただけるのも、達成感がでてうれしくなります。稼いだお金は自分のお小遣いとして、友達とランチにいったり、服を買ったり自由に使っています。子供を産んでから自分で稼ぐことがなくなっていたので、めちゃくちゃうれしく感じます。子供の成長にもつながると思いますし、続けていきたいです。

主婦でも出来る在宅ワークのお仕事

体を壊して長年勤めていた会社を退職し、主人の収入のみになってしまったので、あれこれ考えていました。

主人の収入は低く、小学生2人いる4人家族では到底やっていけなかったので、私が自宅にいて出来る仕事を探していました。
ネットで色々調べていたところ、クラウドソーシングで在宅ワークが出来るという事を知りました。
クラウドソーシングのサイト内では、仕事を発注する人と受注する人が分かれていて、私は仕事を受けたかったので、受注する側です。
パソコンやスマホがあれば出来るようなので、子供が学校に行ってる間に出来るだろうと思いました。

さっそくクラウドソーシングに登録して、どんな仕事があるのか色々と見ていたところ、プロ向けや未経験者向け、様々な分野の仕事が掲載されてあり、ほとんどスキルのない私でも出来そうな仕事もありました。
簡単なスマホでも出来る仕事もあったので、誰にでも出来ると思います。
頑張れば、月に数万円は稼げるお仕事なので、主婦には美味しい在宅ワークですね。

クラウドソーシングでお仕事をする場合、普段外に出てお仕事をしている方でも副業として収入を得ている人も多いみたいです。
私はまだやり始めたばかりですが、収入だけじゃなく、仕事をしている間に自分自身のスキルアップにも繋がるので、とても楽しみです。
まだ体調的に外に出て働きに行くのが厳しい私は、暫くの間、クラウドソーシングでのお仕事を本業として頑張っていこうかなと思ってます。
もし、外に出て働きに行けるようになったとしても、副業として、続けていきたいです。

自分の好きな時間で出来るお仕事なので、ストレスにもなりませんよ。

産休・育休中だって働きたい

フルタイムで働いてきましたが、妊娠して産休に入りました。

産休後は育休を経て復帰予定ですが、いきなり休みに入ってヒマになってしまい、どうしたものかと迷っていました。出産に備えてゆっくりしたり、育児の準備を始めればよいのですが、準備はすべてやってしまったし、のんびりするのも性に合わず・・・。副業OKの職場で働いていたので、産休に入ったらあまりきつすぎない在宅ワークに挑戦してみよう!と決めていました。

在宅ワークといっても何から始めていいのか見当もつかなかったころに、テレビで見たクラウドソーシングのニュース。家でする仕事=内職、内職と言ったら役所のハローワークで見つけてくるもので、造花作り1個3円の報酬といった貧困なイメージしかもっていなかった私にはクラウドソーシングという働き方はとても新鮮で魅力的に映りました。

長年オフィスワークに従事してきたのでパソコンの扱いは苦にならないし、本を読んだり文章を書いたりすることも好きなので、クラウドソーシングで「何かを書く」という仕事ができれば。そんな風に思い、早速簡単なライティングから始められるクラウドソーシングサイトに登録。ドキドキしながら初心者OKのライティングの仕事に参加してみました。

初仕事は「妊娠に関するトラブル」についてのライティング、1件の報酬は54円。1時間かけて書き上げた記事が承認されるまでそわそわしながら待つこと3日。「承認しました」のお知らせが届いたときは嬉しさがこみ上げました。

外で働くより報酬はずっと低いけれど、そんなのは問題じゃない、この達成感と何より家にいながらにして取り組めることの魅力にはまってしまいました。まだまだ経験は浅いけれど、これからもライティングをはじめとして、色々なクラウドソーシングワークに挑戦していけたらと思っています。